創作 。

dfhfg

 PCの前。
 皮膚から吸収したなにかを、マウスをつかって具現化してみる。
 息を整える。

 プリントおじさんが居るので、プリント色は自由自在。
 ボディの色を決めることは、まだまだ先の話し。
 こんなんあったらいいな という発想は自由。
 正解のないアドヴェンチャーのような時間。

 伝わるんだと思います 創りたくて創ったモノというものは。
 映画も音楽も。もちろんすべての創作は。
 そして、共有する者、買う者の自由。
 その絶対的な存在。

 チョイチョイとやってしまった時点でアウトだと思います。
 tr.4 suspension が動きだしています。
 難しいことは抜きにして、楽しもうと思っています。