今ある、ひとつ 。

 

 ただちにコレが欲しい という感覚ではなく過ごしています。
 待つ。
 こらえる。
 辛抱。
 我慢とは違う感覚。

 そのときがくれば、その時なのでしょう。
 それには、
 今ある、ひとつをどう越えていくのか。
 無様でもいいから、格好よくなくてもいいから、越えていくこと。

 もう少し、雑誌、WEB等に露出したいという欲。
 丁寧につくったものたちが、丁寧に写真に撮られ、エディットされて掲載される喜び。
 新しいどなたかと、共有できるかもしれないという興奮。

 いいと思います。