始まりは、いつなのか 。

 

 先へ意識をむける。
 希望のある未来。
 政治がどうであろうと、先へ進ませてもらう。

 間違いなく tr.4 suspension が始まり、僕は楽しんでいる。
 このことを記す。

 ブランド。
 もうあり過ぎてよくわからない、というのが本音。
 そこに参戦したことも事実。

 魂がやどるとする哲学と、それと反する反オカルト、デジタル思考。

 たいしたことがなかった日こそ、実はありがたいことなんじゃないんでしょうか。
 僕は、東京に住んでいます。
 東京発のブログたち。
 それらを読んでいると、あたかも毎日がどこかでパーティーのような印象、ありませんか?
 そうなのかもしれませんけれど、僕は、実に地味な日々を送っている東京人なのでしょう。
 日々、これといったことが起こっている訳でもありません。
  
 静かに過ごしています。
 先ほども言いましたけれど tr.4 suspension の登場により、よりその存在が明確になった
 made in GM japan 。

 年の瀬ですね。
 役者業の仕事納めも無事に終え、
 あとは、ゆっくりと年が変わるのを待つという感じです。

 日々、精進。
 謙虚さと、大胆さ。
 こだわりなんてものは、個室に入ってします。
 
 極める。

 最近、気になっっている言葉です。